青汁の材料

青汁の材料として使われるものは、ケール・大麦若葉・桑の葉などがあります。青汁の材料はケールが有名ですが、各メーカーが工夫を重ねて、それ以外の材料を使った青汁を販売するようになっています。
そもそも、ケールが青汁の材料として使われているのは、緑黄色野菜の中でも特に栄養とビタミンが豊富であるためです。このような健康に良い野菜は、他にないのではないでしょうか。ケールを使った青汁は、以前は味が独特で苦手にする人も多かったのですが、今では味も改良されて随分と飲みやすくなっています。
もちろん他の材料にも、それぞれ健康に良い成分が豊富に入っています。大麦若葉は、その名の通り大麦のまだ若い段階の葉のことです。この時期の大麦の葉には、複数のビタミンとカテキンなどの豊富な栄養分が含まれています。桑の葉にも、何種類ものビタミンと豊富なミネラルが含まれていることが知られていますし、それ以外にも明日葉や緑茶などを使って作られた青汁もあります。
このように、青汁に使われている材料によって、効果なども違いますので、成分を確認してどの青汁を購入するのかを決める必要があります。どの材料を使った青汁が良いのかが判断出来ない時は、複数の材料を混ぜて作られた青汁を購入すると良いでしょう。

そのほかのメニュー

ページ上部に戻る